新着情報

「行ける高校」ではなく「行きたい高校」

「行ける高校」ではなく「本当に行きたい高校へ」

これが星和塾の基本方針です。

この時期、中3生は三者面談が行われ、公立をどの辺りにするのか、私立をどうするのか、推薦基準に届くのか、単願か併願か、受験が現実味を帯びて眼前に現れます。

「担任の先生から厳しいと言われたので志望校を変えます」とか、模試の結果で「もうダメかも…」とか、不安に襲われ逃げを打ちたくなります。夏頃に学校見学で夢見た「第一志望」は目の前から去っていきます。チャレンジする以前に自ら手放すのです。

本気で第一志望を狙うなら、願書を出すまで、倍率発表後の出願変更まで、最後まであきらめずにやり遂げるべきですし、それができないのであれば最初からご縁のない高校だったのかもしれません。誰かに「無理だよ」と言われたくらいであきらめるなら、その程度の想いだったということです。

受験で最も大切なことは「後悔を残さないこと」です。「失敗」は取り返せますが、「後悔」はずっと残ります。ひょっとすると本人だけではなく、第一志望をあきらめさせた親御さんの方にも…

毎年約5万人の高校生が高校を中退しています。

理由は様々でしょうが、今日の日本社会には大変厳しい側面があり、最終的には「自己責任」で片付けられてしまいます。学びなおしのチャンスはありますが、「高校中退」から立て直すのは容易ではありません。

そのためにも妥協の結果の「行ける高校」ではなく、「本当に行きたい高校へ」をモットーに子供達には最後まであきらめず頑張ってほしいのです。もちろん入ってみたら理想と違う、ということはあるかもしれませんが、それでも自分が望んだ道です。

受験に重要なこの時期に頑張れないと、高校や大学に進学してから、社会人になってからも頑張ることができない人になってしまいます。人生には「ここぞ!」という場面が必ずあって、現実に向き合いながら、歯を食いしばって頑張らなければならない時があります。競争しなければならない時、結果を出さなければならない時が必ずあります。

懸命に努力をして志望校に合格できたなら、それが自信になり、これからの人生の中で「あのときもあれだけ頑張れたのだから…」と心の支えになるはずです。もし不合格であっても、今度はその悔しさをバネにして次のステージで飛躍できるでしょう。努力した人間であれば失敗や挫折からも学べるからです。

千葉県公立高校受験まであと107日。

受験は多くの生徒にとって初めての体験です。緊張やプレッシャーを感じるのは当たり前。緊張しない方が無理。

その緊張と戯れながら、とにかく勉強しよう。

勉強もしないで夢だけ語るな、です。

2022年11月06日

学習相談・無料体験授業 ご予約受付中
星和塾では、入塾前にじっくり比較検討し、安心してご入塾いただけるための、機会をご用意しています。一人ひとりのご要望や疑問・不安にしっかりお応えいたします。お気軽にご相談ください。