塾長ブログ

  • HOME
  • 塾長ブログ

「出口」に向けて

世の中を思へばなべて散る花の我が身をさてもいづちかもせむ

(この世の中を思うと、全ては散る花のように儚いものである。でもその無常な世の中でも我が身は在り続ける。これから先、何処に向かえばいいのだろう?)西行『新古今和歌集』


来週から松戸市では分散登校が開始となります。

「完全再開」ではありませんが、少しずつでも学校が再開すると聞いてホッとした生徒、保護者様も多いのではないでしょうか?(逆に長く休みすぎて行きたくない生徒も?)

でも、ここで注意しなければならないのは、「もう大丈夫なんだよね!」と感染予防に対する認識が甘くならないこと。むしろ、外に出る機会が増えますので、より一層気をつけなくてはいけません。星和塾でも感染予防を徹底して授業を行っています。

では、これから学校の授業が再開されるとどうなるでしょうか?

①すさまじいスピードで授業が進む

②休校中の課題で各学年の最初の方の単元は指導したことにする

③どの単元も6割から7割くらいで細かい部分は端折る

④プリントをたくさん配っておしまい

どれも辛いですね。クラスの中で、できている子と、そうでない子の二極化がより顕著になる可能性が高いです。

先日、文部科学省から各自治体に「地域ごとの休校状況を踏まえ、高校入試の出題範囲や内容、出願方法について特定の受験生が不利にならないよう、必要に応じた適切な工夫を講じてほしい」との通知がありました。でもこれも不透明です。例えば数学の「三平方の定理」。中3の後半で学習します。これをやらないまま高校生になるのか? 中には「そんなの関係ねえ」なんて強気な私立もあるかもしれません。

いずれにしても、当塾ではあらゆる対応ができるようにしっかりとフォローしていきます。

「星和塾オンライン自習室」も引き続きやっていきますので、皆さんの参加をお持ちしております。その「オンライン自習室」のために購入したペンタブレット。慣れるの大変です。こんなので絵が描けるなんて、神業のような気がする…

Jpx45stGhlTSSN31588331100_1588331188

2020年05月20日

5月5日「子供の日」に

月やあらぬ春や昔の春ならぬ我が身ひとつはもとの身にして

(月は昔のままの月ではないのか。春は昔のままの春ではないのか。我が身だけはもとのままだが、あたりは全て変わってしまったように思われる。)在原業平『古今和歌集』


小・中・高の休校期間が延長されました。

子供たちにとって、学校教育が三ヶ月にも渡って失われるのは大きな損失です。学力のみならず、規則正しい生活習慣、社会生活や人との交流が失われているのは明らかです。それもかなりのレベルで…

合格して卒業していった子供たちも「思いっきり遊べる時」に自宅で我慢を強いられ、新しい友人と憧れていた新しい場所で過ごせず、とても気の毒です。勉強だけではなく、スポーツや音楽などの文化活動、部活動や大会などが奪われていく…日本の次代を担う子供たちが将来への夢や希望を持てなくなったり、「入試がどうなってしまうんだろう」と受験生の多くが日々不安にさいなまれていることを考えると、胸が張り裂けそうな思いです。

今回の休校に合わせ、どの学校・学年もたくさんの課題が出されているとは思いますが、そのほとんどが「旧学年の復習」であって、「新学年の内容」ではありません。でも「まだ学校の授業は進んでないから…」と呑気に構えるのではなく、積極的に「新学年の先取り」も行っていきたいと思い、星和塾では新学年の動画配信や「オンライン自習室」を行っています。

マイナス面にばかりフォーカスするのではなく、「どうすればこの困難な状況でプラス面を作れるか?」を考えて、過ごしていくことが大切ですね(と自分にも言い聞かせています)。

学校の休校はしばらく続きますが、その一方で、来年の受験が延期されるとはイメージできません。新型コロナウイルスでなかなか思うような環境が作れないのであれば、家庭学習をサポートしていきます。お困りの方がいらっしゃいましたら、いつでもご連絡ください。

2020年05月05日

「星和塾オンライン自習室」やってみました

3月から始まった小中高の休校期間…昨日は市川市が、今日は松戸市が5月31日(日)までの休校延長を発表しました。

星和塾では、自宅での学習をより集中し効率的に進めてもらうために「オンライン自習室」を開始しました。

「Zoom」というアプリを使用しているのですが、生徒からも他の人が勉強している様子が見え、こちらから学校から出された課題の進捗を質問したり、塾の新たな課題や「いまやるべきテーマ」の指示をすることもできます。

受験まであと9ヶ月…(千葉県公立高校受験まで300日)

今日は初日でした。3回に分けて行いましたが、なかなか面白い感じでできました。参加してくれた生徒たちにも感謝です。

3g60FM5L06jfXgV1588068719_1588068952

C7BTxib4MpJ1ZCe1588072904_1588073696

(プライバシー保護のため一部画像を加工しています)

2020年04月28日

「オンライン授業」導入に向けて

新型コロナウイルス感染症によって、星和塾でもオンライン授業を導入する必要性が急速に高まり、先週あたりから授業プランの構築やアプリ・機材の使い方の練習に励んでおりました。

以前からICT教材の展示会に行ったり、メリット・デメリットを導入済みの様々な現場でうかがったり、いろいろ情報収集をしておりました。

が、いつもどこか心の中で「時期尚早」という思いが払拭できませんでした。どれだけICTが進んでも結局、「受験や定期試験は解答用紙に筆記具で記入する古典的なもの」です。タブレットやタッチペン、スマホを使用する高校受験など(今のところは)あり得ません。またITスキルや通信・端末環境に授業の成否が依存することも問題点と捉えていました。

今般の危機的状況の中、当塾が目指しているのは、何よりもまず在籍している塾生の学習時間と環境の提供、そして学力の向上です。こんな時でも通常時と同じように、成績を向上させ、入試突破のために必要な力を獲得してもらいたいと考えています。

感染拡大の収束が見えず長引くことも考えると、授業のオンライン化を早急に進める必要があります。とは言っても「双方向性」さえあれば良いというシンプルな問題ではありませんし、一方的に「YouTube」だけ見せているのも限界があるような気がしています。しかし小・中学校の再開が読めない状況ですので、星和塾はオンライン化に大きく歩を進めていきたいと考えています。まず「走り出してみよう!」と思います。不慣れな部分もありますので、私自身もいろいろ学びながら進めて参ります。

早く事態が収束し、そして完全に終息し、連休中は自宅で休息し、普段通りの個別指導星和塾に戻れることを心から願っています。

2020年04月23日

卒業生の声

Q・星和塾の良い点を教えてください。

reDwoO6Mj9ZbjQL1585296242_1585296396


Q・担当の講師はどうでしたか?

j0OXgs3Wa89wFbq1585296446_1585296514


Q・星和塾に入塾して自分が変わった点を教えてください。

eKd73nrcSuOaLmQ1585296649_1585296700


Q・塾長に一言!

qfWs4QrPge5PDf31585296582_1585296629


中3生全員が無事に合格して、「よく頑張った!感動した!」と思う反面、「お別れの時」でもあります。毎日教室にいるのが当たり前、と思っていた子供たちの姿が見られなくなるのは、少し寂しいですね。

しかし…3月になり、星和塾は新しい仲間を加え、新年度を迎えます。

国難ともいえる異例の事態ですが、塾生は集中して授業や自習に取り組み、春期講習を過ごしています。

その姿が私に元気を与えてくれます。私の大切な生徒たちです。

塾としてできる事、その責務を果たして参ります。

2020年03月27日

春なのに…

今週3月9日から授業を再開しました。塾生や保護者様のご理解とご協力を賜り、今のところ滞りなく授業を行っております。

教室内には手指消毒用アルコールや空間除菌剤などを設置し、マスクの予備も揃え、出来得る予防はしています。家族の買い出しの協力などを得て、教室運営のために必要最小限の量は確保できました。

飲む方のアルコールの備蓄は普段からしっかりしていたのですが、除菌用アルコールの備蓄はしていませんでした。稲毛海岸駅前のマリンピア(近所なんです)に行っても、車でホームセンターを回っても、本当に売り場には何もない状態…トイレットペーパーは塾には必需品ですし、マスクも売ってないですね。結局ホームセンターではペットコーナーで高い猫を見て、うちにいる野良上がりの飼い猫が大好きな「ちゅーる」を買うだけの徒労の週末。

♪春なのに…

ただただ収束を願う、そんな毎日です。

2020年03月12日

冥利に尽きる

今週19日は千葉県公立高校前期選抜の合格発表。

今年もまた星和塾から小金高校、松戸国際高校、習志野高校などの難関校・人気校に合格しました。おめでとう。

塾を営んでいる中で、やはり最も嬉しい瞬間は「合格」です。生徒からその連絡をもらった瞬間は、私も素直に嬉しいです。過去のいろんなやり取りを思い出したりして、目頭が熱くなる時すらあります(泣きはしないが、モリコーネなんかのBGMがあったらヤバいかも…)

でもそれ以上にありがたいのは、生徒や保護者様から、非常に心のこもった感謝のお言葉をいただいた時です。その時は「本当にこの仕事をしていて良かったな…」と実感します。自分の仕事が、曲がりなりにも人様のお役に立っている…塾冥利に尽きる、そんな気持ちです。心より感謝申し上げます。


受験の「験」には「あかし」、「ためし」、「しるし」、「きざし」、そんな意味があります。

だから受験とは

「自分がどれだけやったかの証」であり

「トライ&エラーを繰り返しながら自分の力を試し」、

「子供から大人になる15歳の自分を明確に印し」、

「自分の新しい可能性、兆しを見出す」、

ということだろうと思います。

前期でチャレンジした生徒…そのチャレンジを尊重します。今は悔しいかもしれないけど、受験は水物。そのチャレンジは決して無駄ではなく、次のステージで絶対に糧になると信じています。

後期選抜に向けて頑張れ!

2020年02月22日

定期テスト対策

土・日曜日と休日返上で各中学校のテスト対策を行いました。午後イチからあたりが真っ暗になる午後8時まで…みんな頑張りました。とても集中して取り組んでいました。

それにしても、どの中学校、どの学年も「学年末試験」は試験範囲が広く、学習内容も難しい。日々、コツコツやらないとなかなか良い点はとれません。

それと同時に生徒を苦しめるものがあります。それは「提出物」です。

例えば河原塚中の1年生。

国語…ワークP102~P136 他に「漢字マスター」P54~P73

数学…ワークP100~P135

英語…ワークP72~P97、P98、P100、P102

理科…ワークP66~P103

社会…ワークP30~P65

なんと提出物だけで約190ページ!

今回は他に技術・家庭と保健体育のテストもあります。

牧中2年の社会も今回は範囲が広いし、なかなか学習に苦労するところです(教科書P141~P205。受験ではよく出て正答率が低い。大事なところです)。鎌ヶ谷三中1年、理科だけでワーク70ページ!

これを全部やって丸つけもやって試験日に提出しなければなりません。

言いたいことはいろいろあるでしょうが、とにかく提出しなければ成績が下がってしまいます。この学校の提出物の他に、さらに塾のワークやプリントをやりなさいと言われても…

「ちょ、待てよ!」と思う生徒の気持ちは痛いほどわかります。 でもこれが現実ですから、やるしかありません。立ち向かうしかありません。嘆いてる暇があれば1ページでもやりましょう。

星和塾では何度も「提出物はどう?」「提出物はどないや?」「終わったか?」と進捗状況をしつこく聞くので比較的早い段階で提出物を終わらせている生徒が多いです。

せっかくやるんですから、答えを丸写しするのではなく、そのなかで自分が「できる問題」と「できない問題」を認識し、「知らないことを知る」、それを活かす、そこまでできれば理想的ですね。

↓土日の様子です↓

DSCF1979

DSCF1984

DSCF1980

DSCF1982

DSCF1983

2020年02月17日

いよいよですね

千葉県公立前期選抜を明日に控えた受験生。

 今日は祝日でしたが、塾を早い時間から開け、授業や自習に取り組む塾生の姿が見られました。

 「前日なんだから、少しゆっくりしても…」とは考えません。「本人のやりたいようにやらせるのがベスト」と私は思っています。

 ゆっくり過ごして、体調を整えるのも良し。

 納得行くまで過去問や演習問題と向き合うのもまた良し。

 限られた時間、自分で納得できる時間の過ごし方を欲しいですね。 受験に対する「知識」「技術」はこれまで十分やってきています。むしろ、この時期に来ると精神的なことの方が大切です。

最後は『絶対に合格してやる!』という強い気持ちです。

みんな、 最後まで絶対にあきらめないで取り組んできてください。明日、君たちが「受験する高校」が、「4月から通学する高校」になると信じています。

DSCF1970

DSCF1975

↓各中学校の1・2年生の定期テスト対策も始まりました。どの中学校、どの学年も範囲が広く大変ですが、良い形で学年末を締めくくりましょう。「自己ベスト」期待してます。

中2は来年度からの千葉県の新受験に向けた日々が始まります。

もちろん、塾生をしっかりサポートするので頑張っていきましょう!!

DSCF1971

2020年02月11日

受験は真剣勝負である

松下幸之助『道をひらく』から

剣道で、面に小手、胴を着けて竹刀で試合をしている間はいくら真剣にやっているようでも、まだまだ心に隙がある。
打たれても死なないし、血も出ないからである。
しかしこれが木刀で試合するとなればいささか緊張せざるを得ない。
打たれれば気絶もするし、怪我もする。死ぬこともある。
まして真剣勝負ともなれば、一閃が直ちに生命にかかわる。
勝つこともあればまた負けることもあるなどと呑気なことをいっていられない。
勝つか負けるかのどちらか一つ。
負ければ生命がとぶ。
真剣になるとはこんな姿をいうのである。

人生は真剣勝負である。
だからどんな小さな事にでも生命をかけて真剣にやらなければならない。
もちろん窮屈になる必要はすこしもない。
しかし、 長い人生ときには失敗することもあるなどと呑気にかまえていられない。
これは失敗したときの慰めのことばで、はじめからこんな気持ちでいいわけがない。

真剣になるかならないかその度合いによってその人の人生はきまる。


県内の私立高校入試が一段落し、いよいよ公立入試まで残りわずかとなりました。

星和塾の塾生は全員が私立受験に合格し、公立前期選抜に臨むことになります。

「あったーーー!」

「受かったーーー!」

「何も言えねぇ」

「今まで生きてきた中で一番幸せです」

「自分で自分を褒めたい」

「ちょー気持ちいい」

「感動した」

合格した時の言葉、合格した時の自分をイメージしながら、受験まで真剣に頑張ろう!

2020年01月25日

学習相談・無料体験授業 ご予約受付中
星和塾では、入塾前にじっくり比較検討し、安心してご入塾いただけるための、機会をご用意しています。一人ひとりのご要望や疑問・不安にしっかりお応えいたします。お気軽にご相談ください。