塾長ブログ

  • HOME
  • 塾長ブログ

「授業でわかった」と「テストでできる」は別物

「授業でわかった」と「テストでできる」は別物です。

授業で分かっただけではテストで得点できません。

塾の先生方は初めて習う単元や生徒の理解が怪しい単元を、わかりやすく説明します。時にはヒントを与えたり、例え話を用いたりしながら、理解へ導きます。最初に解かせる問題も易しい問題から少しずつ応用へと進んでいきます。

でも、どんなに良い授業をしていても「1回解いて終わり。もうわかった」ではテストは出来ません。

真面目に授業は受けているけれど、成績が上がらない要因第一位は「演習量不足」です。特に定期テストは学校のワークだけではなく、試験範囲の様々なタイプの問題を数多く解くこと、これに尽きます。

その日の「わかった!」だけで終わらせず、多くの問題に触れて、本当にできるようになったか、確認するところまでやって、初めてテスト勉強をしたと言えるのです。

星和塾にはたくさんの問題集、テストの過去問があります。

塾長である私は問題集の「ソムリエ」です。自分にあった問題、やるべき問題を提案します。

何をやったらいいのかわからない場合は遠慮なくどんどん聞いてください。

0000

DSCF0630

495

2022年11月23日

漢検全員合格!

10月21日(金)に実施した漢字検定で、星和塾の受検生は「全員合格」しました。小学生から中学生、今回は塾生のご父兄も受検されて、全員合格です。

おめでとう! 感動した!

中学生は高校受験まで(中3の2学期まで)に最低でも3級を、できれば準2級を目指しましょう。

中学校生活はいろいろ忙しいですが、検定は受かったもん勝ち。ギリギリだろうと、満点だろうと合格は合格。「合格ですけど、この子ギリギリですよ」みたいなことは書かれません。内申書には「漢字検定3級合格」とバッチリ記載されます。入試の時に加点対象になったり、推薦の判定基準にもつながります。

今回は合格率100%。管理者画面にパーセンテージが出るので、ログインした瞬間、とても気分が良いです。細かい結果を見なくてもわかるので…今年は1月受検の時も全員合格でした。

星和塾では漢検・英検が教室で受検できます。希望者には、英検の二次面接の対策や漢検の過去問を使って合格まで指導します。ぜひチャレンジしてみてください。

kotoshi_kanji_blank

2022年11月14日

「行ける高校」ではなく「行きたい高校」

「行ける高校」ではなく「本当に行きたい高校へ」

これが星和塾の基本方針です。

この時期、中3生は三者面談が行われ、公立をどの辺りにするのか、私立をどうするのか、推薦基準に届くのか、単願か併願か、受験が現実味を帯びて眼前に現れます。

「担任の先生から厳しいと言われたので志望校を変えます」とか、模試の結果で「もうダメかも…」とか、不安に襲われ逃げを打ちたくなります。夏頃に学校見学で夢見た「第一志望」は目の前から去っていきます。チャレンジする以前に自ら手放すのです。

本気で第一志望を狙うなら、願書を出すまで、倍率発表後の出願変更まで、最後まであきらめずにやり遂げるべきですし、それができないのであれば最初からご縁のない高校だったのかもしれません。誰かに「無理だよ」と言われたくらいであきらめるなら、その程度の想いだったということです。

受験で最も大切なことは「後悔を残さないこと」です。「失敗」は取り返せますが、「後悔」はずっと残ります。ひょっとすると本人だけではなく、第一志望をあきらめさせた親御さんの方にも…

毎年約5万人の高校生が高校を中退しています。

理由は様々でしょうが、今日の日本社会には大変厳しい側面があり、最終的には「自己責任」で片付けられてしまいます。学びなおしのチャンスはありますが、「高校中退」から立て直すのは容易ではありません。

そのためにも妥協の結果の「行ける高校」ではなく、「本当に行きたい高校へ」をモットーに子供達には最後まであきらめず頑張ってほしいのです。もちろん入ってみたら理想と違う、ということはあるかもしれませんが、それでも自分が望んだ道です。

受験に重要なこの時期に頑張れないと、高校や大学に進学してから、社会人になってからも頑張ることができない人になってしまいます。人生には「ここぞ!」という場面が必ずあって、現実に向き合いながら、歯を食いしばって頑張らなければならない時があります。競争しなければならない時、結果を出さなければならない時が必ずあります。

懸命に努力をして志望校に合格できたなら、それが自信になり、これからの人生の中で「あのときもあれだけ頑張れたのだから…」と心の支えになるはずです。もし不合格であっても、今度はその悔しさをバネにして次のステージで飛躍できるでしょう。努力した人間であれば失敗や挫折からも学べるからです。

千葉県公立高校受験まであと107日。

受験は多くの生徒にとって初めての体験です。緊張やプレッシャーを感じるのは当たり前。緊張しない方が無理。

その緊張と戯れながら、とにかく勉強しよう。

勉強もしないで夢だけ語るな、です。

2022年11月06日

中2の2学期は勝負の学期

中学2年生の2学期は高校受験に向けて「天下分け目」といえるくらい重要な学期、成績の岐路といってもいい学期です。

国・数・英の主要三教科が激ムズになる時期。

例えば「1次関数」。これ中2の問題です。教室で使用している「標準」のテキストからです。

MX-2661_20211028_210037_0001

英語は「不定詞・動名詞」などを学習し、「比較」「受け身」と続きます。国語は「徒然草」などの古文や動詞の活用などを学習します。

教える側からしても、どの単元も「難しいよなぁ~」と思います。

でも上記の「1次関数」、この単元を理解できないようでは、平均より上の高校を目指すのは無理だと言い切って構いません。英語、国語も然りです。入試問題のレベルでみると、これは基礎的な問題だからです。ある程度の高校を目指すのあれば「絶対に解かなければいけない問題がそこにはある」といった感じです。

初めて習う生徒にとっては大変でしょうが、ここであきらめてしまい、定期テストで低迷するようでは、なかなか厳しい受験になるでしょう。テスト前にちょこちょことワークをやったくらいでは太刀打ちできない単元に差し掛かっているのです。

しかも「1次関数」にしても「受け身」にしても、五教科のほんの一部でしかありません。

中1や小6のお子様をお持ちの方は、来年、2年後にはこんな問題をお子様が解かなくてはならないのです。

分数・小数の計算や「みはじ」が苦手な中学生が多くいます。英単語を全く書けない中学生もいます。勉強できない=自己肯定感が低い、そしてそのまま「中学3年間→受験」という流れになります。

勉強においては、早め早めのケアをしてあげてください

2022年11月05日

李白

日本の「のんべえ」と言えば、「朝寝朝酒朝湯が大好きでそれで身上潰した」という会津の小原庄助さんですが、中国ののんべえ代表は、詩仙と言われた李白だろうと思います。

中国では「のんべえ」のことを「酒鬼」というそうですが、李白は無類の酒好きで、泥酔し水面に映る月を取ろうとして溺死したとされています。

近隣の中学校では中3で漢詩を学びますが、そこに出てくるのが李白の『黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る』です。七言絶句や押韻の箇所など、今現在授業で習っている中学生も多いのではないかと思います。

李白と同じ「酒鬼」として(李白が詩仙なら私は酒仙と言いたいくらい…)私がぜひ紹介したいのは『月下独酌』です。


花間(かかん)一壷(いっこ)の酒

独り酌(く)んで相親しむもの無し

杯を挙げて名月を邀(むか)え

影に対して三人と成る

月既に飲むを解せず

影徒(いたず)らに我が身に随う

暫(しばら)く月と影とを伴うて

行楽須(すべか)らく春に及ぶべし

我歌えば月徘徊し

我舞えば影零乱(りょうらん)す

醒時(せいじ)はともに交歓し

酔後(すいご)は各 (おの)おの分散す

永く無情の遊を結び

相期(あいき)して雲漢(うんかん) 邈(はるか)なり


 春らんまんの花咲く庭で酒壺が一つ

一緒に飲む相手もなく 一人手酌で酒を飲む

杯を月に向けて「一杯どう?」と呼びかければ

月と私と そして私の影が現れて 三人の酒宴となる

でも月は酒なんて飲めやしない

私の影だけが 私に付き合うだけだ

でも しばらくは月と影を友として

春を楽しむ

酔って歌えば月も踊り

踊れば影も踊る

ほろ酔いのうちは楽しい時間を一緒に過ごし

酔いが回ればみんな元の姿に戻っていく

月よ影よ末永く付き合おうではないか

あの遥かなる天の川で次は会おう

黄鶴楼

美しくライトアップされた黄鶴楼。一度行ってみたいのですが、あの「武漢」にあるので…

2022年10月29日

漢字検定

今日は漢字検定の検定日です。

星和塾は漢字検定準会場に認定されていますので、塾で10級から2級まで受検が可能です。内申点や私立の推薦基準を左右する重要な検定の一つです。

早めにチャレンジし少しずつ受検級をステップアップ。受験勉強と重ならないように、中3の夏ごろまでに最低でも3級をとりたいです。理想は準2級(ちなみに当塾には中2で2級に合格した猛者もいます)。

漢検の検定内容は、読み・書きだけでなく、書き順や部首、対義語・類義語なども出題されます。過去問をしっかり勉強しておくことで、合格率はグンと上がります!

千葉県公立高校でも、SもぎやVもぎでも、各中学校の定期テストでも、約20点は漢字の読み書きです。毎日コツコツやれればいいですが、なかなか続かない。そこで、近くに目標を設定し、とりあえずは漢検合格を目指す。漢検や英検など検定とうまく付き合っていくのも中学生にとって大事なこと。いつか「持ってて良かった」と思える日が来ます。


↓↓↓↓↓日本漢字能力検定協会ホームページ(高等学校における「漢検」資格活用状況調査)↓↓↓↓↓

http://www.kanken.or.jp/kanken/investigation/highschool.html

DSCF2166

B

2022年10月21日

各中学校定期テスト日程 & 数学満点!

牧野原中では先週行われた定期テストの返却が早速始まりました。

当塾の牧中3年生から450点超えの報告を受け、幸先の良い滑り出しです(中3社会が簡単過ぎでしたが…)。牧中2年生でも数学100点満点が出ました。

来月は各中学校の定期テストが続きます。受験生は踏ん張りどこです。気合いを入れて「自己ベスト」を目指しましょう。


各中学校定期テストの日程

・市川五中

3年/11月1日(火)

1・2年/11月15日(火)・16日(水)

・松戸五中

11月7日(月)・8日(火)

・河原塚中

11月8日(火)・9日(水)

・牧野原中

3年/11月9日(水)・10日(木)

1・2年/11月24日(木)・25日(金)

・鎌ヶ谷三中

11月10日(木)・11日(金)

・松戸四中

11月14日(月)・15日(火)


真のエースになるために「スマホ断ち」した西武・高橋光成

8年目の今季に自己最多の12勝を挙げた高橋光成投手(25)は8月からスマートフォンをガラケー(ガラパゴスケータイ)に買い替えた。 「ふと考えたときに、スマホをいじってる時間が多いのかなぁと。あると触っちゃうので、いっそなくしちゃえと思って。(スマホを)見られない環境にして、なるべく違うことに」 〝スマホ依存症〟に近い状態にあった自らに気付き、ガラケーにした効果は絶大だったという。 「時間の使い方ががらっと変わりましたね。家族と話す時間が増えたり、愛犬と過ごす時間が増えたり、本を読んだり…。有意義に時間が使えるようになった。そういうのも(野球の成績が)良くなった原因かな」

サンケイスポーツ10月11日号

study_smartphone_asobu_man

2022年10月17日

馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない

『馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない』

これは、馬が水を飲むかどうかは馬次第なので、機会を与えてもそれを実行するかどうかは本人次第、という意味です。

イギリスのことわざ “You may lead a horse to the water, but you can’t make him drink” からきています。

例えば勉強でも、しっかり勉強しよう、もっと成績を上げたい、という前向きな気持ちがないと、準備された水を飲まないのと同じで、教えられたことが身につきません。それどころか、やらなければ、強引に水を飲まされるような罰ゲームと同じになってしまいます。

勉強をしないで後悔することはあっても、勉強をし過ぎて後悔することはありません。「勉強しても意味がない」なんていう人のほとんどが、「大した勉強をしてない人」です。「学び」は一生の宝。ぜひ、意欲を持って取り組み、出来る喜びや知る楽しさを感じ、将来訪れるであろう様々な試練を乗り越えていって欲しいと思います。


ところで、藤井風の『grace』という曲をここ数日何度も聴いています。若いアーティストには興味がありませんでしたが、すごい才能だと感じました。

明日になればさよなら
ああ儚い世界だ
何があろうとも
全てあなたのgrace

人生は儚い…ちょうど今回の試験範囲である『平家物語』や『おくのほそ道』の「平泉」のように…その一睡のような人生の中で出会う全てが“grace”なんですね。MVもすごく良かったです。

久しぶりに沢木耕太郎の『深夜特急』を読みたくなりました。

深夜特急

2022年10月12日

古典を学ぶ

星和塾の塾生が通う近隣の中学校では、9月から10月、11月と定期テストがあり、中3生は実力テストや塾内模試、SもぎやVもぎが続きます。

定期テストの範囲はさまざまですが、1年生から3年生まで、ほとんどの学校の国語のテスト範囲には古典が含まれます。詩歌や文法と並んで苦手な子が多いのですが、暗記的な要素が強いので、塾で丁寧に指導すればかえって点数がとりやすい単元です。

1年生は『竹取物語』や川柳、故事成語。歴史的仮名遣いやレ点などを学習します。
2年生は『平家物語』の「敦盛の最期」、『枕草子』や『徒然草』などの随筆、そして『論語』です。「係り結び」なども出てきます。
3年生は『おくのほそ道』、『万葉集』『古今和歌集』などの和歌、杜甫や李白の漢詩を学びます。

「グローバル化」=「外国語の勉強・異文化の理解」と考えがちですが、やはり根っこには先人たちが築いた自国の文化や歴史の理解が必要だと考えています。

日本文学のスタートに『古事記』や『日本書紀』という神話があります。というと難しそうな感じがしますが、『古事記』などはかなりハチャメチャで、マンガなんかで読んだら子供でも楽しめると思います。

1005

ちなみにこれ、三本足の八咫烏(やたがらす)。これも日本の神話からきています。大日本蹴球協会(日本サッカー協会の前身)創設に尽力した漢文学者内野台嶺氏の発案だそうです。日本サッカー協会の創設やシンボルマークの発案が漢文学者によるものだとは驚きです。それ故に『古事記』や『日本書紀』はサッカー少年必読の書です(冗談です)。

約千年前には『源氏物語』が書かれました。高校生はきっと敬語や助詞・助動詞の学習で苦しめられると思いますが、日本人の行儀の良さは、『源氏物語』のような敬語にあふれた文学を我々が持っているからではないかと感じます。

紀行文学の最高峰『おくのほそ道』。ちょうど牧中3年の試験範囲ですね。「人生は旅である」なんてカッコいいじゃないですか。寺尾聰の名曲『出航 SASURAI』みたいで…

古典は嫌いな子が多い単元ですが、少しでも古典の魅力に気付ける、そんな授業をしたいと思っています。

2022年10月03日

市川五中2年 全教科点数アップ!

今日ご紹介するのは、市川五中2年のM君です。

今回の定期テストで5教科合計が、なんと164点のアップです。


〇   入塾前  →  入塾後

英語  58点  →  85点

数学  57点  →  88点

国語  37点  →  67点

理科  38点  →  86点

社会  57点  →  85点

合計  247点 →  411点


おめでとう! 感動した!

入塾から1年もしないでこの結果はすごいです。

市川五中は9月20日、21日に定期テストが行われましたが、夏期講習から今月のテスト前の彼の様子を見ていると、シンプルに勉強する時間が増えました。自習に来る回数も多くなりました。

「幸運の女神は準備している人にのみ微笑む」とはフランスの細菌学者パスツールの言葉ですが、彼は定期テスト前に「準備している人」であったということでしょう。よく頑張りました。

10月には牧野原中の定期テストがあります。

星和塾は授業がない日も自習スペースを開放しているので、自習に来て、時間をかけて「準備」をしていきましょう。「努力ができる」というのは立派な才能です。

graph_up

2022年09月28日

学習相談・無料体験授業 ご予約受付中
星和塾では、入塾前にじっくり比較検討し、安心してご入塾いただけるための、機会をご用意しています。一人ひとりのご要望や疑問・不安にしっかりお応えいたします。お気軽にご相談ください。